キャリア連携以外のお得なプランは?

キャリア連携以外のお得なプランは?

WiMAXであれば、主に2つの契約方法があります。1つは、利用者が直接UQコミュニケーションズと契約する、というもの。

もう1つは、利用者がプロバイダを介してUQコミュニケーションズと契約する、というもの。

プロバイダを介することで、WiMAXの契約をさらに安く抑えたり、契約時のキャッシュバックをもらえたりする場合がある、というメリットがあります。

プロバイダがモバイルルーターの端末代を負担してくれるという、ありがたいプランが提供されている場合も。

解約の際の手続きについて

一方、解約の際の手続きについて、プロバイダの解約と契約自体の解約の2種類を行わなくてはいけなくなり、手間は増えます。

コストをなるべく抑えたい方や、もし解約することになっても手間はそこまで気にしない、という方であれば、プロバイダを介した契約をオススメします。

プロバイダ毎の解約にあたっては、下記のサイトが詳しく解説されていました。

WiMAXはデメリットが少ない

これらをまとめると、コスト、通信のスムーズさの2点で、WiMAXはバランスがとてもいい、ということが言えます。

つまり、「モバイルルーターとして悪い点がない」というのがWiMAXの最大のメリットだと言えるでしょう。

特にauの携帯電話を使用しているユーザーであれば、通信料の割引もありますので、他社のモバイルルーターを契約する理由はないと思います。

WiMAXのマイナスポイントとは

モバイルルーターの中では優秀なWiMAXですが、ネガティブな点が全くないわけではありません。

街中でも使えない場合がある

以前私が住んでいたエリアは、「WiMAX使用可能」とされていた地域でしたが、通信速度が非常に遅く、電波状態がよくありませんでした。
(auの携帯電話は問題なく使用できていました)

また、高層ビルの上層階など、携帯電話の電波状態が悪くなるような場所での通信は基本的に難しいと言えます。

UQコミュニケーションズの公式が「通信可能」としているエリアでも使えない場合がある、ということは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

固定回線に比べると遅い

モバイルルーターは、いわば携帯電話の通信速度と同程度。

なので、動画や音楽などをストレスフリーに楽しみたい、という場合、固定回線には通信速度面で劣ります。

家の中で使う場合が多く、かつ通信速度も速くしたいという場合であれば、少し高くはなってしまいますが、固定回線を引くことをオススメします。

契約期間が決まっている

携帯電話の契約と同じく、契約の期間が決められています。この期間を満了せずに解約すると、違約金を請求されてしまうのです。

解約年月については、契約時に必ずチェックするようにしてくださいね。